スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

1人ってチョ~きもちー!

DSCF4651.jpg
1人っきりのモーニング、アタシが店を後にするまで1人も入ってきませんでした。
スープバーの寸胴鍋はおかわりしまくっても一向に減りません。
ドリンクバーで子供が色んなジュースをブレンドしているのを待つ必要もなし。
やかましいのが欠点のファミレスですがコレはイイ!ドンドン利用させていただきます。

さて前回の続きです。

続きを読む

スポンサーサイト

2008年10月25日 モノ トラックバック:0 コメント:0

きっとお得だ

DSCF4630.jpgこの間、探し物を探しにアウトレットショッピングモールへ行きました。
ホントに探していたモノは見つからずも何となくウロウロ・・・

続きを読む

2008年10月20日 モノ トラックバック:0 コメント:0

首弱い、腰イタイ。

DSCF4461.jpg
先週末、涼しくなって弱ったハエを素手で叩き落とそうと
「そこだっ!」とスマッシュした反動で首のスジを違えてしまいました。

その首で、里山体験ツアーのMTB体験スタッフ業を秦野ホイールクラブで参加。
事前につくっておいたラダーなどをおいて周回できるコースを作りました。

出来るだけコンパクトな自転車を持ち寄ったのですが・・・

続きを読む

2008年10月06日 自転車 トラックバック:0 コメント:3

いざ、六本木へ!

DSCF1273.jpg
18日から始まる東京国際映画祭で鎖骨骨折復帰作の「クローンは故郷を目指す」
「ある視点」部門で上映することが決定しました。

19、21日の二日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ で上映いたします。
登壇予定ゲスト
舞台挨拶:中嶋莞爾(監督)、及川光博(俳優)、嶋田久作(俳優)
ティーチ・イン:中嶋莞爾(監督)
お値段1300円也

なんつーかもう、こういう切り口でクローンの問題、そしてSFを描いた映画は
今まで無かったのではないでしょうか。
まさに「ある視点」。
夜の上映なので遠方の方は終電を気にしなければならないかもしれませんが
観て終りではなく観た後も楽しめる作品です。是非ごらんあれ。

作品情報を観ると・・・
「カラー 110分 35mm 日本語」
あれ、関係者試写段階ではもう少し長かったような?

あぁ危険だ、非常に危険!
もしやバッサリ編集されていたら・・・。
こ~れは自らチェックしにいかねばなりません!

2008年10月06日 エンタテイメント トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。