スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

突っ切ったらどうだろう

DSCF1821.jpg
最近「日々の生活におわれる毎日です」という言葉をよく口にしています。
「だってしょうがないじゃん、追われてんだもの」と思うもやっぱり反省。

マウンテンバイクは大小さまざま凸凹な道を走ります。
凸凹を安全に通過しようとゆっくり走ったが為に逆に不安定になり転んだりします。
こんな時は案外、一つ一つの凸凹に囚われすぎず
ドバーッっと突っ切った方が凹凸の影響を受けずに逆に安全に通過出来たりします。
もちろんそれが裏目に出た経験は山ほどあるけれど。

緑山はBMXコース目的で来るとカラダがクタクタ、スタジオの方は心が・・・
つまづかない為にもスピードアップせなアカンか~。
スポンサーサイト

2010年02月25日 コト トラックバック:0 コメント:0

サイレントトレイル

DSCF1664-1.jpg
少し前、住宅街に隣接するトレイルでバードウオッチャーと出会い暫し歓談。
里山の中はとっても静か、鳥を探している人の脇を通り過ぎるにはかなり神経を使います。

都会に近い里山は開発の危機にさらされてきたせいか保存する側も地方よりも
里山に接する姿勢が、砂山の上に立てた棒切れを扱うような雰囲気を感じました。

日本のMTB事情は「ヒッソリやるから黙認してね」でやり過ごしている場所が多いです。
その段階から、静かに、そして地道に「そこにいてもいい人たち」になる必要があります。
そうなるにはどういうふうに振舞えばいいのか、MTBerは考えていかなきゃいけませんね。

ん~ハンドルがなかなかシックリこないです

続きを読む

2010年02月03日 自転車 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。