スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

やってみないと気がすまない

DSCN1566.jpg
先日TTSに立ち寄った時に北海道からの美味しいトウモロコシを頂きました。
FRGの時の写真も常連さんに頂きました。T田さんありがとうございます。

新鮮なトウモロコシなので生で噛り付きます。
甘いです、かぼちゃやトウモロコシは甘くても良し!大根は辛いのも良し!
生でも食べらるということは誰かにおしえてもらったのではなく
茹で忘れたものを知らずに噛り付いた経験から得た知識です。

誰かから聞いた知恵と自分の経験から得た知恵
自分の経験から得た情報はカラダに痛く刻みこまれます。
「痛く」というのは危機管理能力がそう。

温かい飲み物をストローで飲んだらどうなるかなんて想像できましたか?
僕は想像できませんでした。
でも子供のころはカルピスから味噌汁、コーンポタージュだってストローで飲みたい!!
「火傷するからストローで飲んじゃダメよ」
なんて昭和一桁の親には想像も出来ないからか、注意すらされなかったです。
というかそんなに子供のことばかり見てないんですよ、ホッタラカシで。

でもきっと注意されても納得がいかなかった筈です、こっそりやったでしょう。
「塀から落ちたら痛そう」と言うのは想像がつきますがストローの魔法は想像できなかった。
なのでストローを使ってはいけない理由が見つからない限り決行!そして玉砕。

自ら体験して初めて納得できた訳ですが、物事万事失敗への道だけではありません。
最初にナマコを食べた人だって別に成分分析してから食べたわけじゃないでしょ?

やってみないときがすまない、そんな体験談をひとつ。

無駄毛のお手入れ、多分無駄ではないだろうけど出てるとビジュアル的にマズい鼻毛。
切っても切ってもすぐ鼻外に現れる鼻毛にしょっちゅう付き合うのは何かと面倒くさい。
指先でブタ鼻を作りながらふとテーブルに目をやると・・・



そこには100円ライターが・・・

コレは皆さん経験あるでしょう!
キャンプファイヤーやバーベキューで火を囲んでいる時や
キッチンで威勢良くフライパンをふっている時にコンロの炎が「ボワッ!!」
一瞬で髪の毛や眉毛を「チリチリッ」とやってしまったことが。

・・・・いけるかコレ?

しかしオトナですから、石橋は叩いて渡ります。
ためしにライターの炎を腕に一瞬近づけてみると確かにチリチリッ!
と毛は無くなるものの腕は大して熱くない。

オトナですから、更に慎重にマイナス要素を洗い出します。
ん~・・・
多分焦げ臭いから鼻で息を吸ってはいけない
更に若干、鼻から息を吐き気味にすれば抜かりなし!
そ~っヒュッ、チリチリッ。
これはいける!自慢できる!!誰に??
一瞬の動きが勝負です。ダラダラとやってはいけません。

オトナですから、入念にリハを重ねます。
先ずは着火せずに「~ヒュッ、~ヒュッ」とライターの火口を鼻の穴に近づける練習。
そして動きが安定してきたところで実際に着火し慎重に「~ヒュッ!」


「ジャッ!」って音が耳の中からして猛烈な熱波が鼻腔を襲いました。
as soon as「ジャッ!」
蜂の襲来を受けた熊のように頭を振り乱し苦悶しましたが
一瞬なのでどうすることも出来ませんでした。

文明は火を使う事で始まったといっても過言ではありません。
また、文明の落とし子は使い方を間違うと人類を滅ぼしかねません。

人間は無意識のうちに様々なアプローチで自滅に向かっているのでは、と感じます。
不謹慎かもしれませんが、地球規模でみればそれが健全なサイクルなのかもしれません。
けれど人類は「鼻毛をライターで焼いた」程度では死にません。

熱かった理由がわかりません、単に鼻の中が敏感なのか?熱効率の問題なのか?

鼻=筒状の空間=ストロー!!=筒状??
書いてて今、思いつきました。この推測、間違ってますか?

なんだか鼻毛をライターで焼いただけの話をエラい長々と書き散らかしてしまいました。
以上、身をもって得た教訓話でした。最近じゃないですよ、三年ぐらい前かナ。

原発が爆発するとヘンなスキップします。(shinya talkへジャンプ)

2011年09月03日 コト トラックバック:0 コメント:0

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。