スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

関西旅情

DSCN4069.jpg
先週今週と関西に行く事が続いていましたが先ずはひと段落。

遠いところに撮影に行くのは楽しいです、海外ならもっと楽しいのになぁ
まだ一度も海外ロケを経験していません。

遠くの(ここ重要)知らない土地というのは旅情をかきたてられてオツなもんですが
遠くだけれど、知っている人達が出迎えてくれる街というのも幸せな気分を味わえます。

自分の暮らしが無い場所では「お客さん」という立場にあるから幸せなのかもしれません。
そこに住んでしまえば、その気分は味わう事ができないでしょうね。

「自分のいるべき場所ではない」から心地良いのか
「自分に本当に合う場所」だから心地良いのか

「己のアイデンティティーは西にあり」とは思っていますが
兵庫に住んでいたのは中学一年生までなので相当薄らいできた様な。

そんなノスタルジックな余韻を感じながら東京へ戻ってくると、
渋谷の街のいたるところに機動隊員が配備されていました。
物々しい警戒態勢は何のためかな?と思ったところに現れたのは
な~んてことのない、ささやかなデモ行進。

2012年01月22日 コト トラックバック:0 コメント:2

コメント

お疲れさま!
やっと帰ってきましたね。

ホームタウンじゃない街の楽しさ、わかりますね!
街とのフィーリングが合うか合わないかっていうのも
確かにありますね。感覚的なものが。

人との関係も同じようなものがありますね。

2012年01月23日 HILO Morimoto URL 編集

hiloさんただいま
今は東京がホームタウンですからね。
街の雰囲気はその街のサイズ、自然との距離感
都市計画や居場所、隙間の有無など
ハード面も影響しているかもしれませんが
人との関わり方が変わると街の見え方も変わるのかもしれません。
人も会うとテンションが上がる人、落ち着いて居心地がいい人
イロイロですね。
いずれにせよ警察が市民に睨みを利かせている街なんてのは真っ平ゴメンです。

2012年01月23日 kozo URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。