スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

スネ毛だから良かったものの・・・


地下鉄ホームのベンチで電車を待っていたら
左手から母子2人が歩いてきました。
2人が前を通り過ぎる時、子供(4才ぐらいの男の子)がトコトコっとコチラに駆け寄るや否や、
ショートパンツだった私のスネ毛をモソモソっともてあそび
先を行く母親の元へタタタっと足速に逃げていきました。

唖然としながらも彼を見てみると、母親の手にしがみつき、
コチラを見ながら、ニヤニヤと何かを話しています。
「アラヤダこの子ったら!」なんてお母さんが会釈ぐらいしてくれるかなと思いきや、
一度も振り向かず。お母さんシラ切り通すつもりのようです。
全く、、、親の親の顏が見てみたい。

それにしても自分の非常時の対応力のなさというか、アドリブのきかなさというか・・・
おどけたリアクションを取る事も、「コラッ」と頭をひっぱたく事も出来ず、
ただただ自分のスネ毛をいじくる子供を見ている事しか出来ませんでした。

その行為は怒るべきものか?
それとも笑うべきものなのか?
愛嬌タップリな子だったので起こる気はしなかったんですが
咄嗟に判断がつかなかったんですよねぇ。

小さいお子さんをお持ちの方々、
見ず知らずの人のすね毛をみだりに触らせないように教育よろしくお願いします。

2012年09月26日 コト トラックバック:0 コメント:0

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。